今日の立ち読みまとめ

立ち読みに適しそうなネタを掲示板やSNS等からまとめています。 載せきれなかった画像は http://tachiyomitoday.tumblr.com/ へ 相互RSSは常時募集中です!よろしくお願いします!

    スポンサーリンク

         

    タグ:芸能人

    1: 風吹けば名無し 2018/10/09(火) 09:35:49.09 ID:mViAO4zw0

    【【朗報】コロッケを食べる吉岡里帆さん、可愛い】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/04/28(土) 07:42:11.99 ID:CAP_USER9
    本誌が原宿(渋谷区)の老舗中華料理店で俳優・田村正和(74)の姿をキャッチしたのは、4月中旬のことだった。

     田村といえば、『パパはニュースキャスター』(TBS系)や『古畑任三郎』(フジテレビ系)など、数々のドラマで主役を張ってきた名優。
    ダンディな男を演じさせたら日本一の彼がいま、人生の岐路に立たされているというのだ。

    「実は、田村さんはごく一部の人にだけ芸能界引退を告げているんです。直接的なキッカケとなったのは、今年2月放送の『眠狂四郎 The Final』(フジテレビ系)。視聴率もまったく振るわず、納得のいく演技もできなかった。これ以上俳優を続けるのは美学に反する、という気持ちのようです」(テレビ局関係者)

    実際、この日の食事会も、身近なスタッフが彼の功績を労(ねぎら)うものだったという。

    日本を代表する俳優としては、あまりにあっけない終わり方。
    はたして、本人の心境はいかばかりか。
    本誌は会食の数日後、都内の自宅から日課の早朝ウォーキングに出かける田村を直撃した。

    ――田村さん、先日の原宿での会食についてお聞きしたいのですが。

    「……うん、なに?」

    ――あの会食は、引退を決意された田村さんを労ってのものだったとのことで。

    「いや……僕が主演した『ニューヨーク恋物語』(’88年、フジテレビ系)ってドラマがあったでしょ。いまでもそのスタッフと、年に一度食事会をしてるの」

    ――では引退を決意されたというのは?

    「うん……自分の中で、辞めてもいいかなと思ったんだよ。僕のことを気にかけてくれているスタッフがいてね。その人たちに今年の年賀状で『のんびりしたい。無職の日々が楽しみだ』って書いたの」

    ――田村さんの活躍を見られなくなるのは、ファンにとって寂しいニュースかと。

    「自分としては、もう十分にやったなと。『眠狂四郎』は、20代で初めて出演して、40代、50代とやってきた。でも、2月の『The Final』では、完成前の試写を見て『これじゃダメだな』と痛感したんだ。オンエアを見る気にさえならなかった。自分にしかわからない、『これはもうアカンな』という感覚……」

    ――それが引退という気持ちに繋(つな)がった。

    「そう。長い時間かけて感じてきたことが、あの作品でハッキリした。でも、(引退を)大っぴらに言うのは趣味じゃないから。まあ、宣言してもいいんだけどね」

    ――もう田村さんの姿は見られなくなる。

    「残念だけど、再放送を見てください。良い作品も、悪い作品もあるけど……」

    およそ60年もの長きにわたり、俳優としての生き方を貫いた田村。
    多くを語らず、潔(いさぎよ)く――。
    なんとも彼らしい“男の引き際“となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180428-00010000-friday-ent

    田村正和
    http://amd.c.yimg.jp/im_siggfOfEP8hUOI6XR6WpfKemiA---x656-y900-q90-exp3h-pril/amd/20180428-00010000-friday-000-1-view.jpg
    no title

    【【FRIDAY】名優・田村正和が“引退宣言“「僕はもう十分にやったよ」「再放送を見てください」】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2018/03/22(木) 21:55:00.36 ID:CAP_USER9
     とんねるずがメインMCを務めるフジテレビ系バラエティー『とんねるずのみなさんのおかげでした』が22日、最終回を迎え、前身番組から数えて30年、
    放送1340回の歴史に幕を閉じた。

     「さいごのうたばん」と題したフィナーレ企画では、石橋貴明が司会を務めた『うたばん』(TBS系)をパロディ「ほんとのうたばん」の名場面紹介。
    同番組から生まれた音楽ユニット・野猿のメンバーたちと10数年ぶりに再会を果たすと、石橋貴明は「(活動中は)きれいだったけど、またスタッフらしく汚くなったね~」と
    うれしそうにほほ笑みながら「またやりたいね~」と、願望をポロリと漏らす一幕もあった。

     また、ゲスト第1号でもある松田聖子が、最終回に駆けつけた。「本当にお世話になりました。コントもすごい楽しかったです」と感謝を口にすると、
    木梨憲武は「うれしいね~。ファイナルは聖子ちゃんに締めてもらった」と感慨深げ。当時のVTRで共演の歴史を振り返り、思い出話に花を咲かせた。

     番組ラストでは、同番組のエンディング曲でもあった「情けねえ」(1991年発売)を、とんねるずの2人が熱唱。サビの歌詞を少し変え「バラエティを」
    「滅ぼすなよ」「フジテレビを」「おちょくるなよ」とメッセージを込め、歌い上げた。

     1988年10月に前身番組の『とんねるずのみなさんのおかげです』がスタートし、97年6月から現在の番組名に変更された。「博士と助手~細かすぎて伝わらない
    モノマネ選手権~」「食わず嫌い王決定戦」など、数々の人気企画を生み出し、同局の看板バラエティーとして一時代を築いた。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000336-oric-ent

    【【テレビ】『みなおか』30年の歴史に幕 とんねるず熱唱で大団円】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/11(日)22:47:55 ID:WcG
    伊達「娘にプレゼントでも買いに行くかな」

    伊達「お、こんな所におもちゃ屋できたんだな、なんか興奮してきたわ」カランカラーン

    富澤「ラッシャーイ!!!」

    伊達「うるせえな、いきなり。寿司屋かここはよ」

    富澤「あっ…すみませんお客さん、うち武器の方は取り扱ってないんですよ」

    伊達「なんでだ!武器なんか買いに来てねーんだよ」

    【サンドウィッチマン「おもちゃ屋」】の続きを読む

    1: アブナイおっさん ★ 2018/03/11(日) 20:47:49.19 ID:CAP_USER9
    コピーライターの糸井重里(69歳)、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきお(43歳)、富澤たけし(43歳)が、3月11日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演。東日本大震災から今年で7年を迎え、震災を機に変わった人生観などを語った。

    被災地をぐるぐると回り、多くの支援活動を行ってきたサンドウィッチマン。寄付を呼びかけ集めたお金は4億円を超え、「そんだけ協力していただいたんで。これは責任ありますしちゃんとやろうと」と語る伊達に、糸井から「きょう僕はお二人に会うんで一番しゃべりたかったこと一つあって。そんな人たちでした?」と質問が飛ぶ。

    すると伊達は「好感度が高いとか…そういう好感度に苦しんでます。そんなにないですよ、好感度なんか。立派な人になる必要ないですから芸人は」と現在の立ち位置にとまどっていることを告白した。

    さらに糸井から「お笑いだっていうことで気を使ったことありますか?」と聞かれると、伊達は「今だから言えることだと、実は僕らのネタって『死ぬ』っていう単語が結構出てくるんですよ。それやめましたね。やっぱそれ簡単に出せないなっていうか。ここの中でもそれを言いたくなかったっていうのが…」と芸風にも変化が出たとコメント。

    また、伊達は何の用事もないのに「寝ていいのかな」と思って3時ぐらいまでただ起きていたり、どこかへ行くのに食べ物飲み物を持ってないと不安でビジネスホテルに泊まるときも絶対飲まないけれど水を5~6本買ったりしていると語った。

    Twitterなどのネットでは「サンドウィッチマンは、震災のことを重くせず軽くせず、キチンと話してくれるから好き」「サンドの話凄く同感する事ばかり」「ネタの中に死ぬというワードを入れたくなかったその気持ちわかる」といった反応が寄せられている。

    ナリナリドットコム

    http://news.livedoor.com/topics/detail/14416403/

    【【お笑い】サンドウィッチマン 震災後にやめた「ネタ」】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/03/09(金) 20:41:42.56 ID:CAP_USER9
    有野晋哉「ゲームセンターCX」15周年で記念企画
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00145212-nksports-ent
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180309-00145212-nksports-000-view.jpg
    no title

    番組のPRイベントに参加した有野晋哉

     お笑いタレント有野晋哉(46)が9日、都内で、出演するCS放送のフジテレビONE「ゲームセンターCX」(隔週木曜深夜0時)のPRイベントを行った。

     今年は放送開始15周年となり、会場では記念企画が発表された。6月に番組公式本、8月にブルーレイを発売するほか、10月28日には千葉・幕張メッセで有野がゲームに生挑戦する。
    有野は「この番組は、いつ終わってもいいと思ってやっていたがフジテレビで最も人気のある番組。僕の代表作。世界で通用する。人気者にしていただいた番組」と語った。

    【【お笑い】有野晋哉「ゲームセンターCX」15周年で記念企画】の続きを読む

    このページのトップヘ