今日の立ち読みまとめ

立ち読みに適しそうなネタを掲示板やSNS等からまとめています。 載せきれなかった画像は http://tachiyomitoday.tumblr.com/ へ 相互RSSは常時募集中です!よろしくお願いします!

    スポンサーリンク

         

    タグ:ヴォイニッチ手稿

    1: ばーど ★ 2018/02/03(土) 03:39:00.18 ID:CAP_USER9
    未解読の文字が記され多数の奇妙な絵が書かれている「ヴォイニッチ手稿」は多くの言語学者や歴史家が解読を試みていますが、2018年現在でも謎が多く残された本です。コンピューター科学者であり自然言語処理の専門家が、そんなヴォイニッチ手稿をコンピューターアルゴリズムで解読するという試みを行っています。

    Decoding Anagrammed Texts Written in an Unknown Language and Script | Hauer | Transactions of the Association for Computational Linguistics
    https://transacl.org/ojs/index.php/tacl/article/view/821

    AI used to decipher ancient manuscript - Faculty of Science
    https://www.ualberta.ca/science/science-news/2018/january/ai-used-to-decipher-ancient-manuscript

    Alberta computer scientist claims clues to deciphering mysterious Voynich manuscript - Edmonton - CBC News
    http://www.cbc.ca/news/canada/edmonton/computer-scientist-claims-clues-to-deciphering-mysterious-voynich-manuscript-1.4503571

    ヴォイニッチ手稿は1912年に古書収集家によって発見されたもの。数多くの専門家が「これまでに見たことがない」と語る謎の言語で記され、著者は複数人であることや、一体何のために書かれたのかがさっぱりわからないことから「世界一ミステリアスな本」と呼ばれています。

    アルバータ大学のコンピューター科学者であり、自然言語処理の専門家であるGreg Kondrak教授は、AI(人工知能)を使ってそのヴォイニッチ手稿の解明に乗り出しました。Kondrak教授は大学院生であるBradley Hauer氏とともに人間の言語の曖昧さをコンピューターで解読するという研究を行っており、ヴォイニッチ手稿がケーススタディーの対象として選ばれたのです。

    まず研究者らは、世界人権宣言を380の言語に翻訳したサンプルを使用し、コンピューターが97%の正確性で系統的に言語を識別できるようにしました。最初、研究者らは「ヴォイニッチ手稿はアラビアの言語で書かれているのではないか?」という仮説をたてていましたが、アルゴリズムを走らせた結果、最もヴォイニッチ手稿の言語に近いのはヘブライ語であると結論づけています。

    「これは驚くべきことです。ただ『ヘブライ語である』と決めるのは第一段階に過ぎません。次はこれをどう解読するかです」とKondrak教授。

    次に、Kondrak教授はヴォイニッチ手稿の記載は単語中の文字をアルファベット順に並べるアナグラム「アルファグラム」を用いて書かれたものだと考えました。そして、Kondrak教授らはこのようなテキストを解読するアルゴルズムを開発して解読を試みたところ、80%以上単語はヘブライ語の辞書にのっていることがわかりました。

    「しかし、私たちには、単語を組み合わせることでどんな意味が生まれるのかがわかりませんでした」と語るのはKondrak氏。自分たちの発見が正しいのかどうかを確認するにはヘブライ語学者を探す必要がありましたが、ヘブライ語学者は見つからず、最終的に研究者らはGoogle翻訳を利用しました。

    その結果、ヴォイニッチ手稿の最初の一文は「She made recommendations to the priest, man of the house and me and people(人々や私、そしてその家の男である聖職者に彼女は勧告した)」という、文章としては奇妙なものの、文法的には成立する形で翻訳ができたそうです。ただし、古代ヘブライ語の学者を見つけ出すことができなかったため、まだヴォイニッチ手稿の文章全体には謎が残っているとのこと。ヘブライ語に通じており、同時に歴史学者である人物を研究者らは求めています。

    Kondrak氏は「ヴォイニッチ手稿の専門家らがこのような研究に親しみを持ってくれるとは思いません。彼らはコンピューターが自分に置き換わるものだとして恐怖を感じるかもしれないので」と語っていますが、一方で自分たちの研究が専門家らに受け入れられることを望んでいるとのこと。

    なお、研究者らは今後、開発したアルゴリズムを他の古代の言語に適用していく予定となっています。

    2018年01月30日 16時00分00秒
    GIGAZINE
    http://gigazine.net/news/20180130-ai-voynich-manuscript/

    2: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 03:40:47.23 ID:5GWRwIAR0
    適当に書いたもんを分析しても無駄 

    66: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 20:10:46.46 ID:FNyoAY9y0
    >>2 
    それすらわからん 
    アルゴリズム解析で意味がある可能性が高いとでたが当たってるかどうか 

    【AIでヴォイニッチ手稿の解明に乗り出したコンピューター科学者が登場、アルゴリズムでわかったこととは?】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/09/09(土) 22:47:55.83 ID:nxCv/m+5a
    For medievalists or anyone with more than a passing interest, the most unusual element of the Voynich manuscript – Beinecke Ms. 408, known to many as “the most mysterious manuscript in the world” – is its handwritten text.
    Although several of its symbols (especially the ligatures) are recognizable, adopted for the sake of economy by the medieval scribes, the words formed by its neatly grouped characters do not appear to correspond to any known language.
    It was long believed that the text was a form of code – one which repeated attempts by crypt­o­graphers and linguists failed to penetrate.
    As someone with long experience of interpreting the Latin inscriptions on classical monuments and the tombs and brasses in English parish churches,
    I recognized in the Voynich script tell-tale signs of an abbreviated Latin format. But interpretation of such abbreviations depends largely on the context in which they are used.
    I needed to understand the copious illustrations that accompany the text.
    https://www.the-tls.co.uk/articles/public/voynich-manuscript-solution/

    【【速報】ヴォイニッチ手稿、解読される】の続きを読む

    引用元 【朗報】ヴォイニッチ手稿、解読されるかもしれない


    1: 風吹けば名無し 2017/04/24(月) 16:34:34.55 ID:YFPl9ebA0

    【【朗報】ヴォイニッチ手稿、解読されるかもしれない】の続きを読む

    1: ニカワ ★  2016/08/23(火) 06:00:17.78 ID:CAP_USER9
    染みや穴、破れの縫合まで忠実に再現されるボイニッチ手稿の複製。スペイン・ブルゴスで(2016年8月9日撮影)。(c)AFP/CESAR MANSO
    25f76666.jpg


    3bcfc52f.jpg


    4661ca7b.jpg


    3af3b79b.jpg


    e9dfb7b0.jpg


    82adde32.jpg


    de5ddeec.jpg


    ad057f71.jpg


    129ce0e7.jpg


    85d06eae.jpg


    3223fb5b.jpg


    fee8e729.jpg


    b6a1a450.jpg



     【8月22日 AFP】世界で最も謎に包まれた書籍の一つとされ、暗号もしくは未知の言語で書かれているとされる「ヴォイニッチ手稿(Voynich Manuscript)」──。これまでのところ、この数世紀前の古文書解読の取り組みは成功しておらず、世界的な暗号解読者による挑戦も失敗に終わっている。

     洗練された文字列と奇妙な植物や裸の女性の挿絵が描かれたこの古文書をめぐっては、神秘的な力が宿ると一部では信じられており、その解読に生涯を捧げる専門家もいる。現在は、米エール大学(Yale University)のバイネッケ図書館(Beinecke Library)で厳重に保管されており、ごくまれに保管庫から姿を現す程度だ。

     だがこのほど、スペイン北部の奥地に佇む小さな出版社「シロエ(Siloe)」が、同手稿の複製を制作する権利を得た。承諾を得るまでに約10年を費やしたという。

     古写本の複製を専門とする同出版社は、ヴォイニッチ手稿の正確な複製898部を制作する。複製では、羊皮紙上の染みや穴、破れの縫合まで忠実に再現される。

     バイネッケ図書館司書のレイモンド・クレメンス(Raymond Clemens)氏によると、複製は、古文書の閲覧希望者の多さに対応するために制作されるのだという。

     初版の制作には約18か月かかる。緻密な作業は既に4月から行われている。(c)AFP/Marianne BARRIAUX

    http://www.afpbb.com/articles/-/3098272

    【【国際】謎に包まれた「ヴォイニッチ手稿」、スペイン出版社が複製制作へ】の続きを読む

    このページのトップヘ