今日の立ち読みまとめ

立ち読みに適しそうなネタを掲示板やSNS等からまとめています。 載せきれなかった画像は http://tachiyomitoday.tumblr.com/ へ 相互RSSは常時募集中です!よろしくお願いします!

    スポンサーリンク

         

    タグ:アニメ

    1: 以下、立ち読みからVIPがお送りします 2018/06/03(日) 23:25:06.584 ID:SwrXbg760

    【ゲゲゲの鬼太郎アニメ第6期ではお前らは猫娘派?犬山まなちゃん派?】の続きを読む

    主にコードギアスプロジェクトさんのツイートになります。
    https://twitter.com/GEASSPROJECT

    公式サイト:http://www.geass.jp/L-geass/ 





    【コードギアスプロジェクト(@GEASSPROJECT)さん 劇場版Ⅲ皇道に関するツイート(RT含む) 2018.03.12〜5.25】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/01(火)21:37:39 ID:so7
    1 遊 長寿アニメは漏れなく時代は経過してるのに歳は取らないの法則
    2 捕 合理性皆無の巨大ロボット兵器で戦争
    3 中 外国人も宇宙人もみんな日本語で会話
    4 右 出てくる美少女は全員処女で彼氏いない歴=年齢
    5 三 親が出てこない
    6 二 特に特徴がない上に明らかにクズで無神経な鈍感主人公が美少女にモテまくる
    7 左 画面に映るのは美男美女ばかりで巨乳超身長率も非常に高く不細工の方が逆に貴重
    8 一 異世界転生者はごく当たり前に神から都合のいい能力を与えられる
    9 投 おもちゃで世界征服

    【アニメ等の暗黙の了解で打線くんだった】の続きを読む

    ネタバレを含みます

    「カードキャプターさくら クリアカード編」の感想ツイートになります。
    ツイートを削除してほしい等の場合は、今日の立ち読みまとめまでご連絡ください。
    https://twitter.com/tachiyomitoday

    公式サイト:http://www.nhk.or.jp/anime/ccsakura/



    【【CCさくら】カードキャプターさくら クリアカード編 10話目】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2018/05/14(月) 16:11:25.96 ID:CAP_USER9
    ゲゲゲの鬼太郎:“神回”「幽霊電車」が自己最高の視聴率5.7%
    2018年05月14日

    故・水木しげるさんのマンガ「ゲゲゲの鬼太郎」の第6期となる新作テレビアニメ
    (フジテレビほか毎週日曜午前9時)の第7話「幽霊電車」が13日、放送され、
    平均視聴率は番組最高の5.7%(以下・ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが分かった。
    これまでの最高は、4月1日に放送された第1話の5.4%だった。

    第7話「幽霊電車」は、とある企業の社長が、部下の男と不思議な臨時列車に乗ることになる。
    社長は「妖怪なんて信じるやつは、自分が弱いのを言い訳にしているだけだ」などと言っていたが、
    世にも恐ろしいことが起こる……という展開だった。
    「幽霊電車」は、これまで何度もアニメ化されてきた人気エピソードで、第6期では、
    ブラック企業のパワハラ、SNSのいじめなどが描かれた。
    放送日のツイッターでは「幽霊電車」「ゲゲゲの鬼太郎」がトレンドに上がり、
    「今日の話は教育番組」「神回」などというコメントも見られた。

    「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な
    仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。
    新作アニメは、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台になっている。

    まんたんウェブ
    https://mantan-web.jp/article/20180514dog00m200018000c.html
    テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第7話「幽霊電車」の一場面
    https://storage.mantan-web.jp/images/2018/05/14/20180514dog00m200018000c/001_size6.jpg
    no title

    【【視聴率】「ゲゲゲの鬼太郎」、“神回”「幽霊電車」が自己最高の視聴率5.7%…ブラック企業のパワハラ、SNSのいじめなどが描かれる】の続きを読む

    このページのトップヘ