今日の立ち読みまとめ

立ち読みに適しそうなネタを掲示板やSNS等からまとめています。 載せきれなかった画像は http://tachiyomitoday.tumblr.com/ へ 相互RSSは常時募集中です!よろしくお願いします!

    スポンサーリンク

         

    カテゴリ: 映画

    1: 風吹けば名無し 2017/11/11(土) 06:34:40.26 ID:BLpFU9Fh0
    確定分

    ゴジラ
    https://i.imgur.com/9hwnHav.jpg
    no title

    オルガ
    https://i.imgur.com/HjG6IZT.jpg
    no title

    ダガーラ
    https://i.imgur.com/wr2U0FW.jpg
    no title

    ドゴラ
    https://i.imgur.com/Mcoltvx.jpg
    no title

    カマキラス
    https://i.imgur.com/LFjaGAe.jpg
    no title


    新怪獣セルヴァム
    群れで襲い、ワーム型や飛翔型など様々なものが存在
    https://i.imgur.com/YA4i9RD.jpg
    no title

    https://i.imgur.com/y9207kR.jpg
    no title

    https://i.imgur.com/IvxwTHO.png
    no title

    【【朗報】アニメゴジラ、出演怪獣が次々と判明】の続きを読む

    1: オムコシ ★ 2017/09/06(水) 06:55:59.52 ID:CAP_USER9
    2017年9月2日(土)より上映が開始された『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』。全国35館のみの上映規模にも関わらず、興行収入、動員数は同週公開作品中ダントツの1位! 大ヒットスタートとなりました。

    上映初日に行われた舞台挨拶は全国35館へライブビューイングが行われ、「ファーストガンダム」からのレジェンドメンバー(池田秀一さん、古谷徹さん、銀河万丈さん、古川登志夫さん、安彦良和総監督)が集結したということもあり、様々の世代のファンが来場しました。

    さらに9月7日(木)新宿ピカデリーの18時上映回にて、安彦総監督&島津亜矢さん登壇の舞台挨拶も開催が決定しており、主題歌の「I CAN’T DO ANYTHING-宇宙(そら)よ―」が初披露されます。

    今後もさらなる動員が期待される本作を、ぜひお見逃しなく!

    ファン待望の一年戦争の幕開け“ルウム編”大ヒットスタート
    劇場1スクリーンあたりの館アベレージが2,575,481円という、夏の大作がひしめくなか圧倒的な数字を叩き出しました!

    同週末の上映作品の中でスクリーンアベレージは堂々の第1位。また、全国35館のみの上映規模にも関わらず興行収入は92,717,300円/動員は49,398人で週末興行収入ランキング第7位にランクインし、同週公開作品の中では、ダントツの第1位となりました!
     
    作品情報
    ■「激突 ルウム会戦」あらすじ
    宇宙世紀 0079 年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦・コロニー落としを実行し突き進むジオン公国軍。

    それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた―

    そして、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブルの「赤い彗星」としての伝説が誕生する。

    ■スタッフ
    原作:矢立 肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より) 漫画原作:安彦 良和(KADOKAWA「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」より)
    キャラクターデザイン:安彦 良和、ことぶきつかさ
    オリジナルメカニカルデザイン:大河原 邦男
    メカニカルデザイン:カトキ ハジメ、山根 公利、明貴 美加、アストレイズ
    総監督:安彦 良和
    企画・製作:サンライズ

    ■キャスト
    シャア・アズナブル 池田 秀一
    セイラ・マス 潘 めぐみ
    デギン・ソド・ザビ 浦山 迅
    ギレン・ザビ 銀河 万丈
    ドズル・ザビ 三宅 健太
    ガルマ・ザビ 柿原 徹也
    ランバ・ラル 喜山 茂雄
    クラウレ・ハモン 沢城 みゆき
    タチ・オハラ 北沢 力
    ガイア 一条 和矢、
    オルテガ 松田 健一郎
    マッシュ 土屋 トシヒデ
    ヨハン・イブラヒム・レビル 中 博史

    アムロ・レイ 古谷 徹
    カイ・シデン 古川登志夫、
    ハヤト・コバヤシ 中西秀樹
    ユウキ 小野賢章
    ファン・リー 瀬戸麻沙美
    ナレーション 大塚 明夫

    https://img.animatetimes.com/news/visual/2017/1504573470_1_1_d6a03e638253bd3b5751259a069935fb.jpg
    1504573470_1_1_d6a03e638253bd3b5751259a069935fb

    http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1504573470






    【【アニメ】『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』上映館35館にして同週公開作品中ダントツの1位を記録する大ヒットスタート!】の続きを読む



    >>1 の内容はデマであり、ジ・アート・オブ・シンゴジラには載っておらず、第6形態や第7形態は日経サイエンス2016年12月号の特集で考察されたもののようです。
    確認不十分で申し訳ありません。

    以下、参考サイトとURL

    【画像あり】シンゴジラの第6・7形態をデザインしてみた - MOVIE RUNNER さん 
    http://movie-runner.com/shin-godzilla-morphological-change-the-sixth-seventh 

    シンゴジラが第8形態まであるという記述をみたのですが、本当ですか? - Yahoo!知恵袋 
    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14182070089 



    1: 風吹けば名無し 2017/08/23(水) 00:01:33.41 ID:ks/SuahV0
    『ジ・アート・オブ・シンゴジラ』より

    第5形態
    小型化・有翼化・群体化
    細胞レベルで生きており滅却しないと倒せなくなる
    感情と痛覚の喪失
    ヤシオリ作戦を克服

    第6形態
    永久機関の獲得、ガス欠の克服(自己でのエネルギー生成、無尽蔵の核融合、水と空気が必須でなくなる)
    口と牙の退化&消滅、大気圏を突破して宇宙に

    第7形態
    体内に宇宙を宿し、あらゆる物質や元素を合成して自分のものにする
    宇宙のあらゆる環境に適応

    第8形態(最終形態)
    物理法則を超越し神の次元に到達

    ソース
    第4形態は赤ちゃんと書かれている
    別のページに口がなくなるとかもある
    http://i.imgur.com/Y1ZRia5.jpg
    no title

    【※ソースが公式ではありませんでした【悲報】シン・ゴジラ、神に到達する最強怪獣だった】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/06/13(火) 05:21:52.58 ID:CAP_USER9
    アニメ版ゴジラ 絶望的に強く進化した姿を公開…とてつもなく筋肉質
    https://sp.daily.co.jp/gossip/2017/06/13/0010277947.shtml
    2017.6.13(Tue)

    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/06/13/Images/f_10277948.jpg
    no title

    ついに姿を現したアニメ版ゴジラ=(C)2017 TOHO CO.LTD.

     昨年大きな話題となった映画「シン・ゴジラ」に続く“新たなゴジラ”の姿が明らかになった。12日までに公開されたアニメ版ゴジラ映画「GODZILLA 怪獣惑星」(11月17日公開)のポスタービジュアルに、劇中に登場するゴジラの姿が描かれている。

     白黒のコントラストだけで描かれているゴジラは全体的にガッシリとして肉厚な印象。人間でいう太ももからふくらはぎにかけての筋肉が異常に発達しており、パワーとスピードを兼ね備えていそうだ。手のひらが上に向いていたのが特徴的だった「シン・ゴジラ」とは違い、腕が太く手も下を向いているため、上半身での物理攻撃もできそうな雰囲気。「絶望は進化する」のキャッチコピー通り、圧倒的な存在感を示している。

     製作の東宝から「これまでのゴジラに縛られなくていい」というお墨付きを得ていた静野孔文監督は「自由な発想でアニメならではのかっこいいゴジラが出来上がったと思います」と自信たっぷり。共同監督を務める瀬下寛之監督は「膨大な質量を支える為の独特の体組織と筋繊維の集積により、とてつもなくたくましいフォルムの造形となりました」と説明。「創造したわれわれ自身がひれ伏すような、恐ろしくも神々しい、作品全体を震わせる圧倒的な存在。それが本作のゴジラです」と人類が太刀打ちできないような存在であることを示唆した。

     怪獣に支配された地球が舞台。他の惑星に移民しようとした人類の一部が2万年後の地球に戻り怪獣やその頂点に立つゴジラと相対するストーリーだ。昨年「名探偵コナン 純黒の悪夢」で大ヒットを記録した静野監督と、「シドニアの騎士 第九惑星戦役」や「亜人」を手がけた瀬下監督とのタッグでフルCGのゴジラがどう暴れるのか注目される。

    【【映画】アニメ版ゴジラ 絶望的に強く進化した姿を公開…とてつもなく筋肉質】の続きを読む

    このページのトップヘ