スポンサーリンク ​ スポンサーリンク









 


























啓と香椎の取引。2人が別れた後香椎は誰かに啓の位置情報を電話。

熊切は赤チームの瀬戸口と対峙。返り血にまみれている瀬戸口に激高してつかみかかるが、瀬戸口の《蒐集家》「ものを縮める事ができる能力」で手かせを縮められ、右手首に巻かれた釣り糸を縮められて切断される。
仲間がやられれば緑チームが駆けつけ、それをまた狩る。熊切は外道と言う。

緑チームの増援が来ない事で大神が黒岩に文句。自由にさせているし、自分が何をしても勝ってだというのが黒岩の言い分。
大神が腹いせに桐生を始末しようとした時、優利が駆けつけて大神を蹴り飛ばす。大神は本命の優利が来た事を喜ぶ。

優利は元々啓から教えられていたように近づきすぎず戦い、大神に捕まると同時にカウンターを当てて追撃。大神は倒れるがすぐに起き上がる。黒岩には理解できないだろうが答えがほしい。

黒岩は自分たちの王国を手に入れてみせる。仕込んでいたスパイを動かす?

緑チームではりんごの能力で、自分の能力を偽っていた人間を発見、拘束している。スパイの男は何も吐かないが、りんごなら説得できるかもしれない。白鷺に許可をもらい戻ってみると、スパイの男は既に始末されていた。スパイは他にもいる。男を始末したのはババア。

啓が香椎と取引する前、啓は緑チームの救援に行く優利を止められなかった。
緑チームが窮地に陥っているのも想定の範囲内で問題ではない。次のゲームに進む。緑チームの面々や優利の顔が浮かび、本当に問題がないのかと啓の心は揺らぐ。
啓を待っていた霧崎が攻撃を仕掛けてくる。霧崎は殺気を感じて啓に向かって叫ぶ。赤チームの竜胆が啓を狙っていた。霧崎はナイフを作って竜胆を攻撃するが、竜胆の刀に全て弾かれる。啓のついでに霧崎も始末すると竜胆が言うと、ついで扱いされた霧崎が啓と一時休戦する。
香椎が電話した相手は竜胆で、啓の居場所を知らせていた。啓もまた霧崎に電話して自分の居場所を教え、優利がいない間の相棒にするつもりだった。
霧崎は自分のナイフを止められた事で、竜胆の能力が自分と同じだと見抜く。しかし竜胆は斬撃を飛ばしてくる。啓は早々に撤退を決断。
りんごから得た情報では霧崎と同じ能力で間違いない。霧崎のナイフは啓の大砲を貫いたが、竜胆の飛ばす斬撃は大砲を貫けなかった。竜胆は別の何かを斬って見えない斬撃にしている。
霧崎は4手で詰めると言う。竜胆に奇襲を仕掛けると接近して誘導し、啓が木の後ろから大砲を2発放つ。竜胆は4手を予想通りと読むが、啓は5手と言う。霧崎は啓の大砲で宙を舞う木の破片を蹴り飛ばし、その際に何でも斬れるナイフに変化させて竜胆に命中。
啓は思ったより良いコンビになれそうだと褒める。

赤チームの恋華は緑チームの部隊を始末して笑っていたが、かろうじて生き残っていたシスターの伏十字の能力によって首の骨を折られる。それを見届けた伏十字は死亡?
しかし首を折られたはずの恋華は起き上がると首を元に戻す。伏十字を切り刻もうとするが、香椎の気配に気付く。
香椎が気に入らない恋華はここで始末し、緑チームにやられた事にすれば良いと言う。香椎も同じ事を考えていたと言い、手を剣に変化させる。恋華はナイフで斬りかかるが香椎のひざからも刃物が伸びていて防がれる。そのためラジコンサイズのヘリや戦車による砲撃で香椎に傷を負わせる。勝ち誇る恋華に対して香椎は流れ出た血を投げつけ、それが当たったヘリは刃物に貫かれ、恋華自身も同じく貫かれ、絶命もおかしくない傷を負う。
恋華は再びナイフで攻撃するが避けられ、香椎に触れられた手首を木に拘束される。
香椎は恋華を放って森の中へ走り、そこにいた赤チームの茶圓が引く荷車の中を剣で刺す。荷車からは血が流れ、恋華は動かなくなる。
○し合いをしているのに不死の能力を魅音が許すはずがない。恋華が死なないならば別の場所に本体がいる。
奴隷にされていた茶圓はおもちゃを本物にする能力で、それを恋華の本体だった男が操っていた。茶圓は何故同じチームで戦ったのかを聞く。香椎の答えは、恋華を操っていた男が香椎を始末するつもりだったから先にやった。
香椎は啓の取引は、緑チームが勝ったら元々緑チームのスパイだったと証言すること。代わりに赤チームの幹部を1人始末する。これで赤と緑のどちらが勝っても自分は安全。あとは小さい問題を潰しておけば万全。香椎は茶圓を始末。
《鉄の処女》「体液から拷問器具を作り出す能力」

-----------------------------------------------------

作画がかなりヤバくなってきましたね。公式HPは変わらず止まっています。

序盤3話までと最新話辺りは裏サンデーで読めます。
https://urasunday.com/title/66
連載版はマンガワンで読めます。
マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信
マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ
一応Web版もありますが、二度と更新されないと思います。
http://deago.web.fc2.com/