​
​ スポンサーリンク ​ スポンサーリンク





































村長を魔法で攻撃し、新堂たちは落ちかけた橋から生還。

ジェズビーは村長の手下に連れて行かれる。フロックはジェズビーを助け、村を追い出されるときは兄を追い、皆で一緒に行くと決める。

村長の家には魔物の雄叫びに怯えた村人が集まっていた。新堂たちは村長を捕らえてその場に着き、村長は嘘を吐いて逃れようとする。ジェズビーを助けようとしたフロックだが返り討ちに遭う。村人としては勇者たちに出ていってもらいたい。フロックの母がフロックを助け、フロックは村長に逆らえば希望の旅に出されるからみんな顔色を窺っていると突きつける。
村長は魔物の声がジェズビーと、匿っていたフロック親子が村の災いだと言う。
鳥井は現実世界での理不尽を思いだし、村長や村人に攻撃する。この世界の人間を攻撃したため鳥井はランクダウン。
村長の家にはアイリスがおり、地下牢の鍵は枯れ井戸に捨てたと言う。

フロックはジェズビーと母親を帰らせ、自分は新堂たちの元へ向かおうとした時に巨大な魔物を村の端にある絶壁に見つける。この事を新堂たちに報せ、観察すると他にも多くの魔物が村へ侵入しており、戦える数ではない。
アイリスは勇者に戦わせれば良いと言うが、地下牢の鍵を捨てたアイリスが言うのはお門違い。そこへ揺れが発生し、魔物がもう来たのかと警戒するが出てきたのは四谷とグレンダ。天井が板張りだったので破って脱出した。
四谷が見ると全ての魔物が本来より強くなっている。絶壁は巨大な魔物の背中を登って越えたらしい。
全滅を防ぐというのは地域を指すのか、人を指すのか。魔物全てを相手にするのは無理。フロックは村の皆を集めるために離脱。

箱崎は井戸が地下の鍾乳洞に続いているかもしれないと考える。箱崎は重装戦士の装備にして飛び降りてみると提案。濁流だったとしても位置はわかる。駒を1つ無駄にしてもやる価値はある。
実際に飛び降りてみると死亡する高さだったものの、地面はあった。箱崎は音で四谷に情報を伝える。その間も魔物の群れは村を飲み込む勢い。四谷の検証によると井戸の深さは40mほど。
村人のほとんどが村長の家へたどり着けず魔物に○される。フロックも家まで戻るが既に半壊。しかしジェズビーと弟は無事だった。フロックの母は逃げる途中、ジェズビーたちをかばって亡くなったらしい。フロックたちは村長の家へたどり着けた。

簡易のはしごを作って井戸を降り、四谷は見張りの時館と鳥井を呼びに行く。魔物が一斉に四谷たちを取り囲み、井戸を壊されはしごが使えなくなる。時館と鳥井は覚悟を決めて井戸の中に飛び降りた。
四谷は魔物の動きを観察し、明らかに村を滅ぼしに来ており、誰かの意思で操られていると感じる。四谷もギリギリで井戸へ飛び込み生還。

地下を移動して6時間ほどで外に出られた。村自体がなくなっても勇者が全滅しないという事は、守るべき対象は人。
出てきたのは村へ入るのに使った洞窟とは逆側。人はいないと聞いていたが、人が通ったような道があり、四谷とグレンダが偵察に向かう。
集落らしきものを見つけたが人はいない。拠点にできそうだと思ったところに何かの気配。

ジェズビーは孤児だったが引き取ってもらった。フロックからすれば本当の親子と変わらない。ジェズビーは父の死を思い出して泣いてしまう。
ジェズビーの弟は湖を見つめている。
村を失った村長はアイリスのためにがんばるしかない。
四谷たちを待つ一行をゴブリンの群れが狙っていた。

次回、第2シーズン第22話「滅亡への意志」

------------------------------------------------------