​
​ スポンサーリンク ​ スポンサーリンク





















































作品の上映会。不安だけど恭也を信じる。

河瀬川の作品は好評。その直後にチームきたやまの作品上映。舞台が同じ駅なので比べられる。できる事は全部やった。

撮影の日、ビデオカメラがなくても作品を作るために、恭也は美術研究会へ参加する代わりにスチルの撮り方を教えてもらう。
恭也は3人にそれぞれ指示。
ナナコが持っていたデジカメのビデオモードも利用。夕方まで撮影を続けた。

上映が終わると河瀬川をはじめ大勢から拍手。
1位は河瀬川のチーム。チームきたやまは3位。もし万全な状態だったら?
貫之は悔しい。改稿した脚本が使えていればもっと良くなったかも。
ナナコも悔しい。言われたままやっただけだが、ちゃんと演技がしたい。
恭也はずるい。シノアキは撮影の時も上映の時もずっとドキドキした。
次の目標、3人とも恭也には負けたくない。

河瀬川はチームきたやまの作品が1位でないのが納得いかない。理由は授業の作品として変化球すぎるから。
恐らくアクシデントによるもので考え抜かれたものではない。アクシデントを利用したのなら恭也の問題解決能力は尋常ではない。
後期の課題は河瀬川も恭也と組む事。いくつになっても妹は可愛い。河瀬川は加納の妹だった。

恭也とナナコはバイト終わりにカラオケへ。ナナコは声量がすごく、胸に響いてくる声。しかしとんでもなく下手。ナナコの実家は民謡をやっていたが、音程は良くならなかった。自分ではわからないので、恭也に聴いてほしい。
練習して自信がついたらネットにアップして聴いてもらうのはどうか?世界に観られるのはキツい。なら日本だけの動画サイトができたらアップする事を目標に練習。

美術研究会で歓迎会。恭也たちが入ってくれたおかげで廃部を免れた。

恭也とシノアキ2人の帰り道、シノアキが絵を描いているのを知っていると確認される。シノアキは内緒にしていたが、鍵をかけ忘れていたので気にしなくて良い。
何もできない人はできる事を探している。1つだけ好きな事があった。それが絵を描く事だが伸びない。好きで描いているのに好きになれず、自信もないので内緒にしていた。恭也のように光る時が来ないかと思っていたが来なかった。絵をやめてしまえば楽になれるかな…
言いかけたところで恭也がダメだと迫る。いつもシノアキの絵に救われていたから、シノアキの絵が好きだと伝える。
撮影の時にシノアキにしかできないと言われたのが嬉しかった。いっぱい知りたくなった。恭也を目標にがんばる。恭也の見たい世界を描ける人になりたい。
恭也も目標はあるがまだ教えられない。
がんばって仲間に入れてもらえるようにせんと。
恭也の目標は10年後のシノアキにそう言ってもらう事。

次回、第4話「できることを考えて」

-----------------------------------------------------

原作小説はカクヨムで読めます。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054885320356
マンガはマガジンポケットで読めます。
https://pocket.shonenmagazine.com/episode/10834108156679858281