スポンサーリンク ​ スポンサーリンク







アニメ「進撃の巨人」公式アカウント【Twitter】

anime_shingeki_official【Instagram】











雨の中で雷槍の音。フロックたちは音の方へ向かう。
ジークは上半身だけにちぎれ倒れている。静か、死ぬか?
そこへうなじが無事だった巨人が現れ、自らの腹を裂いてジークを入れる。

壁内はイェーガー派が支配。
ピクシスはイェレナが言った通り食卓を囲む事になる。
イェーガー派は白布、脊髄液入りのワインを飲んで服従させられたのが赤布、何も知らなかったのが黒布を左腕に巻いている。
マーレとやり方が似ている→敵から学ぶ事は多い→敵の増やし方も学んだ→味方になる事を拒んだ。
最初からジークたちを信じていれば世界はとうに救われていた。
救われるのはパラディ島だけではない?
ジークは充分待ったが寝首をかこうとした、ジークは世界を救う神なので罰が下る。 







地下の牢に捕らわれているのは104期生、ブラウス一家、ニコロ。
超大型巨人では脱出できない。
エレンがミカサを言葉で傷つけた、だからアルミンはエレンを殴ったが殴り返された。
ジャンはエレンがミカサをどう傷つけたのか気になる。
コニーはエレンがクソ野郎だと言うが、ジャンはエレンが正気なら何の意味もなくそんな事を言うとは思えない。そこに真意があるのでは?
イェレナが来る。
ジャンはイェレナに、エレンがジークに協力、兵団を支配しエルディア国と始祖の力を手に入れてマーレを滅ぼして復讐を果たすのが目的だろうと言う。
レストランで働いていたグリーズがニコロとサシャを侮辱してイェレナに銃殺される。
もう島の人間を悪魔と罵るやからは必要ない。
真の目的はマーレへの復讐ではない。世界から憎しみの連鎖を断ちきり、エルディアもマーレも救う。世界を救う安楽死計画。 







ガビの元へエレンが来る。ファルコを助けたければ協力しろ。
そこへピークが入って来てエレンを護衛していた兵士をナイフで刺殺。
君がエレンイェーガーで合ってるよね?
ピークはエレンに銃口を向け、ガビにもライフルをエレンに向けるよう指示するが、エレンは撃てないと確信している。
命令は始祖奪還だから食わなければいけない。
ピーク撃てない、食べるのも無理がある。
エレンを撃てなかった別の理由、始祖の力を使えるならマーレを倒せるかもしれないから。
ピークの望みはマーレ及び世界から支配されているエルディア人の解放。
父親を収容所から出したい。父に医療を受けさせるために戦士になった。
ピークの任期は迫っている。自分の手でエルディアの明るい未来を見せたい。マーレを皆殺しにできるなら何でもやる。
ガビの常識がまた壊れる。善良だと認められれば解放されるのではなかった。
自分たちはマーレ人?エルディア人?その問いに名誉マーレ人とガビが答えるが、ピークはユミルの民と言う。逃れようのない事実、巨人になれる人種。
巨人の力はいずれ通用しなくなる。そうなればエルディア人は皆殺される。
エレンはピークに対し協力しろと言う。指には切り傷。
ピークはこの街に潜む仲間の位置を教える、建物の屋上から指を差すと提案。
エレンは了承して指の傷を治す。 





イェレナが言うには、子供が産まれなくなるのがジークの安楽死計画。
巨人がいる事で生じる苦しみがなくなる。
人口が減り続けたらどう国を守る?
始祖と王家の継承維持が不可欠なまま。
ヒストリアは世継ぎを授かっている。その子が天寿を全うするまで数名のユミルの民が始祖を継承。
万全なんてものはない。
巨人の恐怖に終止符を打った者がいるという事実。ジークとエレン、人類史にこれほどの偉業を成し遂げる者が現れるか?2人は何千年も語り継がれる。神々のように。
アルミン、笑いを堪えて涙を流す。イェレナは見抜けなかったのか喜ぶ。
そこへ侵入者の知らせ。
兵士たちが立体起動を装備。
別の場所に軟禁されているファルコとナイル。 





エレンたちが屋上へ移動。
ピークが仲間になれた?と聞くとエレンは他の侵入者を差し出せばと答える。
ピークを見た兵士たちがざわつき、ピークは手を上げてよろしくねーと応える。
ガビと鎖で繋がているのをポルコが確認。
ファルコはここにいるがジークの脊髄液を口にしている。
ガビはまた私のせいだと落ち込む。
ピークはジークの脊髄液で兵団を支配したと察する。
ジークに何故そんな力があるのか誰も知らなかった。出会った時からジークは嘘を吐き続けている。
それが確信に変わったのが4年前。エレンを前にして初めて本音を話した。
「信じてほしい、俺はお前の理解者だ、エレン。いつかお前を救い出してやるからな」
エレンには特別な能力の秘密も話したのでは?例えば始祖の巨人の力を引き出す事とつながっているとか?
屋上の扉が開き、ピークはイェレナに顎髭の話を振る。
イェレナはエレンに、ピークを信用するのは危険だと言う。
信用していないのはあの女も同じ。
ピークがエレンに、まだ始祖の力を使わないの?ジークはどこ?と問いかける。
すぐにわかる事、示せ、敵はどこにいる?そう言うエレンの手の平には新しい切り傷。 

















恐怖するガビの手をピークが握って微笑む。
ピークは振り返って「そこ」とエレンを指さすと、ガビを抱えて飛び退く。
エレンの足下が崩れ、顎の巨人が食いつく。
エレンは足を食われるが冷静に巨人化する。
皆が捕らわれている地下牢にも響く。
巨人化の爆発からポルコがピークとガビを守る。
ピークは裏切っていない。マーレを信じてはいない。一緒に戦ってきた仲間を信じている。
飛行船がシガンシナ区上空へ到達。
エレンが、来いよライナー!と吠える。 











次回、第17話(第76話)「断罪」
今冬放送予定。
さすがに長すぎませんか?進撃だけに力を注げばもう少し早くなったりしませんかね?