スポンサーリンク ​ スポンサーリンク
1: ばーど ★ 2018/02/03(土) 03:39:00.18 ID:CAP_USER9
未解読の文字が記され多数の奇妙な絵が書かれている「ヴォイニッチ手稿」は多くの言語学者や歴史家が解読を試みていますが、2018年現在でも謎が多く残された本です。コンピューター科学者であり自然言語処理の専門家が、そんなヴォイニッチ手稿をコンピューターアルゴリズムで解読するという試みを行っています。

Decoding Anagrammed Texts Written in an Unknown Language and Script | Hauer | Transactions of the Association for Computational Linguistics
https://transacl.org/ojs/index.php/tacl/article/view/821

AI used to decipher ancient manuscript - Faculty of Science
https://www.ualberta.ca/science/science-news/2018/january/ai-used-to-decipher-ancient-manuscript

Alberta computer scientist claims clues to deciphering mysterious Voynich manuscript - Edmonton - CBC News
http://www.cbc.ca/news/canada/edmonton/computer-scientist-claims-clues-to-deciphering-mysterious-voynich-manuscript-1.4503571

ヴォイニッチ手稿は1912年に古書収集家によって発見されたもの。数多くの専門家が「これまでに見たことがない」と語る謎の言語で記され、著者は複数人であることや、一体何のために書かれたのかがさっぱりわからないことから「世界一ミステリアスな本」と呼ばれています。

アルバータ大学のコンピューター科学者であり、自然言語処理の専門家であるGreg Kondrak教授は、AI(人工知能)を使ってそのヴォイニッチ手稿の解明に乗り出しました。Kondrak教授は大学院生であるBradley Hauer氏とともに人間の言語の曖昧さをコンピューターで解読するという研究を行っており、ヴォイニッチ手稿がケーススタディーの対象として選ばれたのです。

まず研究者らは、世界人権宣言を380の言語に翻訳したサンプルを使用し、コンピューターが97%の正確性で系統的に言語を識別できるようにしました。最初、研究者らは「ヴォイニッチ手稿はアラビアの言語で書かれているのではないか?」という仮説をたてていましたが、アルゴリズムを走らせた結果、最もヴォイニッチ手稿の言語に近いのはヘブライ語であると結論づけています。

「これは驚くべきことです。ただ『ヘブライ語である』と決めるのは第一段階に過ぎません。次はこれをどう解読するかです」とKondrak教授。

次に、Kondrak教授はヴォイニッチ手稿の記載は単語中の文字をアルファベット順に並べるアナグラム「アルファグラム」を用いて書かれたものだと考えました。そして、Kondrak教授らはこのようなテキストを解読するアルゴルズムを開発して解読を試みたところ、80%以上単語はヘブライ語の辞書にのっていることがわかりました。

「しかし、私たちには、単語を組み合わせることでどんな意味が生まれるのかがわかりませんでした」と語るのはKondrak氏。自分たちの発見が正しいのかどうかを確認するにはヘブライ語学者を探す必要がありましたが、ヘブライ語学者は見つからず、最終的に研究者らはGoogle翻訳を利用しました。

その結果、ヴォイニッチ手稿の最初の一文は「She made recommendations to the priest, man of the house and me and people(人々や私、そしてその家の男である聖職者に彼女は勧告した)」という、文章としては奇妙なものの、文法的には成立する形で翻訳ができたそうです。ただし、古代ヘブライ語の学者を見つけ出すことができなかったため、まだヴォイニッチ手稿の文章全体には謎が残っているとのこと。ヘブライ語に通じており、同時に歴史学者である人物を研究者らは求めています。

Kondrak氏は「ヴォイニッチ手稿の専門家らがこのような研究に親しみを持ってくれるとは思いません。彼らはコンピューターが自分に置き換わるものだとして恐怖を感じるかもしれないので」と語っていますが、一方で自分たちの研究が専門家らに受け入れられることを望んでいるとのこと。

なお、研究者らは今後、開発したアルゴリズムを他の古代の言語に適用していく予定となっています。

2018年01月30日 16時00分00秒
GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20180130-ai-voynich-manuscript/

2: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 03:40:47.23 ID:5GWRwIAR0
適当に書いたもんを分析しても無駄 

66: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 20:10:46.46 ID:FNyoAY9y0
>>2 
それすらわからん 
アルゴリズム解析で意味がある可能性が高いとでたが当たってるかどうか 

引用元 AIでヴォイニッチ手稿の解明に乗り出したコンピューター科学者が登場、アルゴリズムでわかったこととは?


6: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 03:48:39.07 ID:eX0lwG0H0
メソポタミアの楔形文字も未解読だっけ?

8: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 03:53:31.87 ID:Xge69fjP0
文字のパターン解析でも全くのデタラメじゃない文章だってわかってるんだよな
わくわくするぜ

9: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 03:55:36.36 ID:RXC8PCN80
線文字Aとか契丹文字で試してみて。

13: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 04:08:46.59 ID:g2rZJjan0
イースター島のロンゴロンゴもよろ

14: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 04:10:03.66 ID:ANODquZL0
ヴォイニッチ手稿て植物のことが書かれてるんじゃなかったか

12: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 04:06:36.40 ID:1YdWJjYi0
この前どっかの研究者が解読成功って発表してなかったか?ヴォイニッチ手稿。

15: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 04:13:38.27 ID:Usvncm1l0
あれ?
つい最近解読されたってニュースが・・・

18: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 04:25:52.25 ID:DFF9IzHo0
>>15
解読不能の奇書「ヴォイニッチ手稿」、ついに解読!? 懐疑的な意見も続々
何度解読されれば気が済むのか……。評価は芳しくなかったようです。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1709/14/news093.html
特にITデータの暗号化を得意とするドイツの科学者フォン・クラウス・シュメー(Von Klaus Schmeh)氏は、反論記事を書くにあたり「ケネディ大統領の暗殺とヴォイニッチ手稿は、マニアと研究者によって幾度となく解決されてきた」と揶揄(やゆ)しています。

 こうした数多くの反論には、以下のような内容が見られました。

「自説に沿う2文節を抜き出し、当てはめただけのもの」
「これで5行以上解読できたら大したものだ」
「すでに試みられている解読法だが、今後役立つ可能性のある新たな視点は含まれている」
「解読法のひとつに過ぎない内容にも関わらず、権威あるTLSが大々的に“解読に成功した”と伝えた理由がよく分からない」
 結局のところ「権威と実績のあるTLSから“ヴォイニッチ手稿の解読に成功、その内容は健康法を紹介する医学書であった”と大々的に報じられたことで大きな話題を呼んだが、実際には解読説がひとつ提示されたに過ぎない」という程度の話であるようです。

16: (; ゚Д゚)コロ猫映画(仮)3 ◆EFvlPnIYE33o 2018/02/03(土) 04:18:59.76 ID:ybe9as/c0
(; ゚Д゚)やっぱりネクロノミコンだったんだろ
わかってたよ

38: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 06:39:42.54 ID:uCvjpxer0
アプローチとしては面白い
ヴォイニッチは自然言語をそのまま筆記したものじゃないだろうって話だったからこれが適用できるとは思えないが、契丹文字都下には使えそうや

39: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 07:18:08.63 ID:D04iVY5s0
>>1
これネットで公開されてるよな
挿し絵が面白いから何時間も眺めてたことあるわ
書体も色々あって飽きない

40: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 07:37:53.05 ID:qWS0K3YO0
人類史の闇にうごめく邪神の正体や暗黒の歴史について
書かれている、のかと思っていました

44: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 09:08:06.04 ID:pzLyD6Pv0
>>1
「ヘブライ語に似ている」
ここまではまあいいとして

「アナグラムに違いない」
「アルファベットを置き換える」
この時点で論理破綻してる気がするぞ

130: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 08:56:03.52 ID:hZ2gWf+j0
>>44
向こうは伝統的にそういうのよくやるのよ。
数値に変換したりとか。
ヘブライ語に似てるという時点でそういうのを疑わなくちゃいけない。

45: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 09:56:42.44 ID:N7v2y5UV0
文字自体が意味なのではなく、文字で不明になっている部分が言いたいことかもしれない。
欠けているところを推測してつなぎ合わせると本当の意味が出てくるとかで。

46: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 10:00:25.86 ID:ISZfDJQV0
絵の植物もすべて地球に存在しないモノだからな

47: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 10:07:20.08 ID:+aW2atLC0
でも、考古学の凄い進歩になるかもな
解読できてない古代語いくつかあるだろ

48: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 10:36:24.12 ID:RbOp4yCv0
廚二妄想のワールド・ガイドだろ
TRPGとかによくある
もしかしたら、世界が狭かったころに金持ちを騙して買い取らせようと作ったのかもしれん

とりあえずそれらしい文字を作って置換えようとしたが、めんどくさくなって適当に並べたんだろ

49: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 10:37:56.57 ID:Vzv1tl1q0
>>48
それも説のひとつ

だがそれを証明した奴はいない。

54: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 15:28:33.79 ID:H/xaS6zt0
ただのらくがき帳という説はないのか

60: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 19:49:47.29 ID:HNbLE/L60
>>54
それはないよ

書き損じや修正、書き直しらしいものが全然ないという奇妙な特徴がある
つまり、一旦、別に草稿を書いたものを清書したとしか思えないわけ
しかも、「絵>文字」と「文字>絵」の順番で書いたページが混ざってる
ジョークにしては無駄に手がかかってるし、そもそも何ページも失われているのに現在でも240ページもある
コミケにすら、ここまで手がかかった物なんて、めったにない

63: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 19:57:22.68 ID:yS1UfhCB0
少し前の民間療法云々の説がかなり正解に近そうな気がするなぁ
オリハルコンが真鍮だったり
この手のモノは解明されるとガッカリ感が凄いから難しいね

64: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 19:58:42.59 ID:BpwCIAqy0
書いてある文字は整ってるし 冗談で作るには 相当の気合が必要なのは俺にも判るぜ

69: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 20:46:22.31 ID:kg//uXpK0
水彩絵の具がふんだんに使われているから15世紀ではなく1900年代のものだね
これは何かというと文盲(文字を読み書きできない人)が何かの理由で図書館へ行き
それを(意味も分からぬまま)書き写しては自宅で彩色した「写本もどき」だ

インテリのふりをする必要があったのか、図書館に意中の人がいたのか知らないが・・

75: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 21:06:49.08 ID:7gsEk1650
>>69
17世紀中にこの本の所有者がいたことが分かってるからそれはない。
使われている羊皮紙の鑑定によれば15世紀初頭に書かれたものらしい。

74: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 21:04:02.08 ID:fiU5kDA80
どうみてもただの図鑑なので
解読しても失望するしかなさそうだな

81: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 21:17:57.87 ID:rSniTmz80
未来の人間がこんな風に困るだろうなって想像しながらこれ書いてたんだろうかな作者は
だったら見事に本懐を遂げたな 本物を作れたってことだ

85: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 21:28:02.68 ID:kg//uXpK0
>>81
もしくは出版を予定していた本の下書き・・・・とかな
独自のアルファベットで下書きし、万全を期したのかも

ひょっとしたら普通の言語版が出版されてたりしてな
そっちはあまり売れなくて現存しないだけかもしれん

82: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 21:21:30.22 ID:fiU5kDA80
実は意味のない謎の本を作る理由

1単純に楽しい
2魔女裁判の証拠などの目的
3骨董品として好事家に売る
4国会図書館に買い上げさせる←日本

88: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 21:53:12.42 ID:RM/OVi260
ヘブライ語説はけっこう言われてたんだよ。
というのもヨーロッパのよく知られた言語と比べると母音のパターンが少なすぎるから。
だからありうると思うな。

89: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 21:56:51.97 ID:Vtnp8BK30

97: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 22:21:27.60 ID:9V7EMe/0O
指輪物語の作者、トールキンかな?
あの人も自分の物語世界の詳細な設定や文化、言語、文字を編み出して、
現在研究者もたくさんいるんじゃないっけ?

この謎の文書もそういう当時の執筆家が、己の世界を書き起こした可能性もあるよね。
すると規則性があるだろうからいつか解読できるはず。

107: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 23:22:50.67 ID:wP1987n60
お前らさ、糖質の人が書いた、意味不明なノートとか見たことないの?
ノートにびっしり、文章と図形で、宇宙の真理やら、この世界の成り立ちやら、すさまじい量で書いてるよ。
あの類だって。

111: 名無しさん@1周年 2018/02/03(土) 23:34:44.15 ID:qef/jGZY0
>>107
精神医学の本では写真付きでよく紹介されてるわな

しかしこの手稿は、そうした精神病の類いとは思えない、
整った美しさがあるから同列には語れない

おそらくは美術品の類いじゃないかと思ってるけどね
こうした偽書を高値で売買する骨董マーケットがあったとしたら不思議な話でもない

126: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 08:42:23.71 ID:CyBI5tbx0
旧約聖書学者はヘブライ語学者だろ
カナダにもかなりいると思うが

129: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 08:53:35.14 ID:hZ2gWf+j0
アナグラムっつーかゲマトリアとかじゃねーのか?
魔術師探してこいよ。

145: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 09:49:40.68 ID:A3D4sBm60
ヘブライ語で書かれている旧約聖書を読んでみると

創造主って、明らかに宇宙人としか考えられないじゃん

人類に生贄を要求してるわけだし、
人類に絶対的服従を要求
家畜同様に産め増やせよって人口増加を推奨してるわけだし
勝手に一瞬で民の言語の種類を数百に増やせて
奴隷たちがツルめないようにしてるわけだよ、
なんらかの方法で人の言語中枢をコントロール可能な技術があるわけだしな

つまりは、中東地方でいわゆる創造主といわれるエーリアンの言語だよ

149: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 09:59:13.42 ID:QCbnes6N0
作成者が統失だっただけだろ・・・
http://machiukezoo.biz/wp-content/uploads/2017/01/20170104-23.jpg
no title

151: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 10:11:06.95 ID:5bNhMknC0
>>149
統失だと、余白にもビッシリ字を詰める気がする

154: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 10:30:34.68 ID:xtgxHrze0
>>149
何か軍勢に完全包囲されてる城に見えた

155: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 10:43:21.92 ID:Y1FRSsEN0
>>154
なんらかの設計図みたいなものかもしれない

153: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 10:28:53.39 ID:Y1FRSsEN0
当時は旧約聖書の時代だから
イスラム、ユダヤ、キリストの中央アジアからスペインまで
幅広い交流があって言語や人種のるつぼ

156: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 10:48:07.90 ID:seUcjdK60
他国に侵攻支配されても、
旧約聖書を絶やさない為、
旧約聖書を暗号化したのかもしれん

162: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 19:54:40.18 ID:pUNjHLS30
仮にアナグラムが使われて文字が入れ替えられていたとしたら
並び替えてからでないと元の言語を特定できなくない?

160: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 10:54:57.89 ID:0az8yZHo0
今まで未解読だった古文書なんかは今後AIで解読されていくんだろうな。