今日の立ち読みまとめ

立ち読みに適しそうなネタを掲示板やSNS等からまとめています。 相互RSSは常時募集中です!よろしくお願いします!

    スポンサーリンク

         

    2020年01月

    1: 風吹けば名無し 2020/01/30(木) 09:07:54.06 ID:3K1109Yo0

    2: 風吹けば名無し 2020/01/30(木) 09:08:15.15 ID:3K1109Yo0

    【【悲報】橋本環奈さん、イジメられていた】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/01/02(木) 00:43:50.92 ID:nnTnlctH0
    なかったら作ろうと思うんやが


    ニコニコ大百科(仮)より - 全滅
    概要
    全滅とは、「全て滅すること」を指す。主に「敵を全滅させた」「仲間が全滅した」などのように使われる。
    また種族が全滅して子孫が残せなくなることは「絶滅」と呼ばれる。

    軍事的用語における全滅
    おおよそ部隊の3割(戦闘担当の6割)を喪失すると組織的抵抗が出来ない事から全滅と捉えられる。
    組織的戦闘が不能なので戦闘単位として計上しない。再編するまで居ないものとするので全滅とされる。
    一般的に使われる全滅とは、軍事的用語での殲滅が同意語である。
    部隊規模にもよるが、部隊の半数は戦闘担当、半数は後方支援となる。通常前線にいる戦闘担当から被害を受ける為、3割の喪失は戦闘担当の6割の喪失を意味する。半数以上を損耗した戦闘担当は、負傷兵の手当・後送や戦意消失などによる後退・逃亡が始まり、戦闘人数が激減し組織的な戦闘が行える状態ではなくなる。
    また類義語で、壊滅・殲滅があるが。それぞれ、壊滅=部隊の5割(戦闘担当の10割)、殲滅=部隊の10割(部隊消滅)の喪失とされる。

       【主人公側が全滅して終わったアニメとか漫画ある?】の続きを読む


     





      【【アニメ感想】ダーウィンズゲーム 4話 - Twitter】の続きを読む

    1: みつを ★ 2019/12/26(木) 00:30:52.25 ID:tNg3H4vc9
    【写メ感覚で風景を絵に描く男】メンデルスゾーン(本業作曲家)の手紙が凄い

    2019/12/25

    https://twitter.com/s_5100/status/1209448692932939777?s=21


    もはや写メ感覚で手紙に絵を描く男、メンデルスゾーン (職業は作曲家)


    https://pbs.twimg.com/media/EMjTK2UU0AU-5o9.jpg
    no title

    https://pbs.twimg.com/media/EMjTK2WUwAYGXcZ.jpg
    no title

    https://pbs.twimg.com/media/EMjTK2UU4AE3-Xo.jpg
    no title

    https://pbs.twimg.com/media/EMjTK2UUYAAQadL.jpg
    no title

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【写メ感覚で風景を絵に描く男】メンデルスゾーン(本業作曲家)の手紙が凄い】の続きを読む


     





      【【アニメ感想】ダーウィンズゲーム 3話 - Twitter】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/01/16(木) 07:11:58.72 ID:o5fYF0WT0
    一番強い形態順に並べた、キャラ重複あり

    1位 無月一護
    2位 崩玉藍染
    3位 兵主部一兵衛
    4位 大人冬獅郎
    5位 山本元柳斎重國
    6位 修行後一護
    7位 ノーマル藍染
    8位 浦原喜助
    9位 断鎧縄衣狛村
    10位 京楽春水

    【BLEACHの最強の死神ランキングTOP10出来たった】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 19/11/30(土)00:38:52 ID:5ug
    第10位
    SNK:ネオジオ(110万台)

    「アーケードゲームと互換性のある家庭用ゲーム機」というコンセプトの元で、家庭用ゲーム機として開発が進められたが、後にアーケード用にも流用された。

    ネオジオの基となるハードウェアは、ネオジオのサードパーティーとなるアルファ電子が開発した。

    キャッチコピーは「凄いゲームを連れて帰ろう」。


    【売れなかったゲーム機ワースト10】の続きを読む

    このページのトップヘ